国家試験に合格

看護師になるには専門学校や大学などで看護について学び、卒業後に国家試験を受験し合格すればなることができます。
国家試験もきちんと勉強をすれば、9割ほどが合格するので決して難しいことはありませんが、看護師の仕事はなればそれまでというものではなく、本当に大変なのはなってからです。

 

学生時代には国家試験に合格するために実習等で多くの知識を得る必要がありますが、このときの知識は広く浅くといった内容なので、それぞれの領域ごとで扱う疾患や対象となる患者さんは異なるので卒業してからは更に深く多くのことを勉強する必要があります。

 

トップページ

 

向き不向きがある

 

看護師になるには性格によって向き・不向きがありますが、優しい・思いやりのあるだけでは続けることに限界があると私はおもいます。
勿論、そのような性格であるにこしたことはないのかもしれませんが、優しいだけなら、思いやりのあるだけならボランティア等で十分だからです。

 

看護師に求められるのは患者さんのちょっとした変化や変化を予測できる能力だと思います。

 

治療は医師の指示等に基づいて行われていくわけですが、目の前の患者さんの変化があった場合に直ちに気付くことができなれば命に関わることがあります。そのときには優しい、思いやりのある性格だけでは務まらず、ときにそのような場面で挫折してしまうこともしばしばあります。

 

看護師の仕事はなるまでより、看護師になってからいかに勉強しつづけることができるかではないかと私は思います。